歯の健康がどのように全身の健康に影響するのかについて考えていきます。

歯の健康は全身の健康につながる

歯の健康は全身の健康につながる

歯の健康は全身の健康

皆さんは健康に気をつけていますか。
美容や健康のためにと毎日サプリメントを飲んでいるという人は多いのではないでしょうか。
運動を心がけているという人もいるかもしれませんね。
そのように人それぞれ健康を気を付ける方法は違うかもしれません。
こんな健康法について聞いたことがありますか。
全身の健康のために定期的に歯科に通うという健康法です。
虫歯ができたときにだけ歯科に通うという人は多いかもしれません。
確かに歯医者さんへは虫歯ができたときにしぶしぶ行くという人は多いのではないでしょうか。
では、なぜ歯科へ行くことと健康が関係あるのでしょうか。
ここでは、歯が私たちの全身の健康にどのような影響を及ぼすのかについて考えていきたいと思います。
具体的にどのような影響があるのでしょうか。
歯をしっかりとケアしていないために歯が病気になってしまうことがあります。
歯の病気というと虫歯を一番に思い浮かべることでしょう。
しかし、虫歯よりもっと恐ろしい病気があります。
それが歯周病です。
歯周病になってしまうと歯茎から血が出たりしますよね。
実は、この歯周病になった人は心筋梗塞などを起こすリスクが高くなるのです。
そもそも心筋梗塞にはあまり若い人はなりませんよね。
もちろん過度なストレスによって若い人が心筋梗塞を起こしてしまうということもあります。
しかし、それらはとても稀なケースです。
では、若い人で歯周病を患っている人はどうでしょうか。
たとえ20代の人だったとしても、歯周病を患っているだけで心筋梗塞になってしまう確率がとても高くなるのです。
恐ろしいですよね。
今までは歯の健康は二の次になっていた人もこれを聞くときちんと考えようと思うかもしれません。
歯の健康は私たちの全身の健康につながるのです。
また、歯がぐらついて来たり、抜けてしまったりすることで物をしっかりと噛めなくなるということもあります。
これは栄養吸収に関わってきます。
胃の中で消化しにくくなってしまうこともあります。
私たちは栄養のほとんどを食事から摂取します。
ですから、歯の状態というのは非常に重要なのです。
皆さんも一度歯科に行って歯の健康状態をチェックしてもらうと良いでしょう。
お医者さんから歯の健康をどのように守ったらよいのかについてアドバイスをもらえると思いますよ。
歯をきれいにして全身の健康を促進できるようにしましょう。
いつまでも元気に美しい歯でいたいですからね。

Copyright (C)2014歯の健康は全身の健康につながる.All rights reserved.